高速代料金検索や割引適用ETCカード情報

上手なETCカード使用で、高速代をお得に!

ETCカードの通勤割引と早朝割引は時間帯が続いているので、自然とうまく使えます。
高速代がどれくらい安くなるのか計算してみると。。。


【東京〜東名吉田に行く場合】
  朝5時前にETCカードで乗れば、普通車の高速代は東京料金所→東名裾野は1400円(早朝夜間割引)。
一度東名裾野で降りて、朝6時〜9時の間に東名裾野から再びETCカードで乗って東名吉田で降りれば、
1300円(通勤割引)で、高速代は合計2700円。
通常料金の高速代は、東名東京→東名吉田間で4550円なので、1850円もお得になる計算です!


★夕方に乗ると高速代の通勤割引が17時〜20時、早朝深夜割引が22時〜翌6時なので、20時〜22時の2時間を
食事や休息でつぶす必要があります。

JTBの「ドラ旅パック」なら、「往復の高速代料金+周遊地での高速代料金」が大変安くなります。
シーズンごとにいろいろな地方のドラ旅パックがあり、ETCカード搭載の自動車だけが利用できます。

★ちなみに、以前は道路公団が管理していた高速道路ですが、民営化のため2005年10月から東日本高速道路株式会社
(NEXCO東日本)、中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)、 西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)が
管理しています。